FC2ブログ

アベプラを見て

平成最後のブログ更新

乙武洋匡さんと、われら熊本のニュースターあそどっぐさんがAmeba TVで本格共演を果たしました。(2019.04.05 OA)

不思議な興奮に包まれて、結局ブログを書くことに🖋

実はこのお二人、私が監督しました短編映画『千里 翔べ』に、出番は別々でしたが出演されているんです🎬

同郷の熊本に、こぎゃん面白か人がいるんだと知って、即あそどっぐさんにオファーばしたとです。

環境問題を取り扱う映画だったので、グリーンバードというゴミ拾いのボランティア団体へ、取材とゴミ拾いの体験も踏まえ参加した経緯で、新宿チームの代表をされていた乙武さんにも出演していただきました。

そういえばお二人は、ご本人役としての登場でした。
その節は、たいへんお世話になりました。ありがとうございます。

乙武さんとあそどっぐさん
短編映画『千里 翔べ』より


さて、番組の感想を。
「障害者をネタに笑ってはいけないのか!?」

まずSTEPえどがわへの取材で、一緒にオリパラのボランティア動画を撮影した方が出てきて驚きました。テレ朝のガヤにも友人や知り合いがいて、世間は狭いですね。(とくにこの分野は)

第2弾があればご家族や、介助者、さらには行政の障害福祉課の担当者などを巻き込んで、議論できたら面白いのでないでしょうか。家族だけしか知らない真実や、介助者の視点で見る障がい者は、世間的には未だ謎が多い部分。そういったところも見えてくると、決して障がい者だから○○とか、障がい者だから△△とか、そういった特別視するものが薄れてきて、敷居は極めて低くなるのではなかろうか?

パラスポーツの対決とかもやってほしい。みんなで一緒にスポーツをすることで、チームワークが生まれ、自然に笑顔になります。《笑う》を意識する前に、笑顔になっているでしょう😄

は訪問介助の仕事を始めて、今年で13年目になります。これまで出会った障がい者は数えきれず、中には本当に変わった人もいて(笑) 多様性どころの話ではなく、みんなそれぞれに個性的でユニークなんです。

飲み会では腹を割ってお互いを(いい意味で)けなすし! 例えば「君も気管切開してあげようか」とか呼吸器ユーザーに言われます。一見笑えないトークでも信頼関係があれば、もうそれが挨拶がわりみたいな。

これはいい例で、そうじゃない場合も当然あります。あまり知られていないことかもしれませんが、障がい者同士にも差別があります。番組でも先天か後天のくだりがありましたが、先天の方が、後天の方へ「中途のくせに年金もらいやがって取り分が減るだろ」と言ったり、障がい者だからみんな仲良し、という訳でもありません。

【障がい者】と、ひとくくりにして、かわいそうな存在、何かをしていれば凄く頑張ってる人、として扱われやすいですが、同じ人間として複雑であり、深刻な事情もあります。個々の問題として、ひとくくりではなく【個】を尊重してほしいです。

時と場合によりますが、障がい者を笑うのは、その人のことを思い、根底に愛があるからです。好きだから、笑いたいんです。興味もない人に対して笑うのは、作り笑いですよね。その笑いに意味(愛)はないです。

まずは人として好きになること。どうしても嫌いで好きになれない場合は、その人のどこか一カ所でも好きなところを見つければ、次第に全体も好きになっていくものです。人を嫌いでいると、自分が辛くなります。相手を受け入れることで、新たな自分を発見したり、新しい発想が浮かんだりして楽しいものです。

あと嫌でも笑っていると、そのうち脳が騙されて、本当に楽しくなるという科学的根拠もあるそうですよ。楽しいから笑うのはなく、笑うから楽しくなっていく。昔と今では物事の捉え方が逆転してきました。

障がい者の環境も変わってきています。障害者手帳がカード化になる、まぁ それはさておき、街のバリアフリー化は既にあたりまえになり、そうでない、なんちゃってバリアフリーも未だ見かけますが。

やはり来年の、東京パラリンピックの影響で、まず障がい者をメディアで見かけることが多くなりました。特にパラアスリート。個人のSNSの発信も含めて、多くの方がされていますよね。これが10年くらい前だったら? 障害者自立支援法のデモを日比谷音楽堂でしていました。そのあと銀座を約800人で行進したりとか。まだ引きこもっていた方が多かったように感じます。制度の問題も当事者が中に入ることによって、良くなった部分もあると聞きます。まだまだ改善してほしい要望は多々ありますが。

この東京パラリンピックで何が変わるか? 想像したら、わくわくしませんか? 高度な技術をもった義足や義手の登場、脳に装置することによって、意思が伝わる義手も開発されています! テクノロジーが進歩して人は一部アンドロイドと化し、健常者より、障がい者が優位になる場面も増えていくでしょう。そうすれば、何が障害なのか? 健常者の《健常》という定義が崩壊します。
既に新しい時代が幕を開けました。令和の時代、それは、、、、、!


このコーナーが終わり、CMにいく際は、あそどっぐさんの変顔で締めてほしかったな。一同爆笑 → CM
笑っていいことが、更にすりこまれたのに。冒頭の「対比動画」の伏線として。結局、戦後からの洗脳であり、貼られたレッテルを剥がすチャンスだったのに、ディレクターさん!

あと、前半のニュースちょっと長かったので、もう少しコンパクトにし、可能なら小澤綾子さんの歌を聞きたかったです♪

紗倉まなてぃさんは、とても鋭い質問をされて驚きました。そして、可愛かったぁ



乙武さんのサイン
グリーンバード新宿チームのゴミ拾い活動にて
乙武さん原作・出演の映画『だいじょうぶ3組』のブルーレイにサインをもらいました💿

ゴミ拾いの様子
拙作『千里 翔べ』撮影の様子🎥
2019年5月にブルーレイ化(現在編集中)
番組でみんな宣伝していたので私も便乗


あそどっぐさんと寝たきり
あそどっぐさんのライブにて。熊本地震から2ヶ月後ぐらいだったと思います。みんな大笑いしていました。
私も横になり 笑

人権のイベントであそどっぐさんと
世界人権宣言70周年記念
レモンさんの元気が出る講演会で再会

あそどっぐさんの動画には、いつも笑わされます😂
YouTubeをチェック‼️

あそどっぐさんのサイン
あそどっぐさんのサイン
介助者さんの代筆、日によって変わる面白さ😂


レモンさんと
「バリバラ」のMCをされているレモンさんこと山本シュウさんと。「レモンさんの子育てビタミン標語」にサインを書いていただき、毎日読んでいます。We are シンセキ〜‼️


ファッションショーで小澤さん
tenboさん主催のファッションショー
クラウドファンディングのサポーターだったので見に行きました✨ モデルとして出演された小澤綾子さん✨


最後に、

24時間テレビも、番組からの一方通行ではなく、当事者と企画の段階から一緒に作り上げる体制を整えたら、感動ポルノではなく、本当の感動になると思う。障がい者雇用でスタッフにいないのかな?
視聴者も目が肥えてきて、何が本物か分かるようになってきたから、メディアのあり方が問われ出しています。コンプライアンスは番組や作品の幅や質を低下する要因が多い。でも視聴者は何が正しいか既に知っている。乙武さんがタレントに突っ込まれて叩かれたのが爆笑して、本人もおいしいと感じているのだから、正直にそのまま放送した方が、番組自体の評価も逆に上がる気がするけど。それでスポンサーが減る訳ではないだろうし、企業のイメージを大切にするなら、むしろ障がい者を積極的に使った方が今の時代に合っている。

そう考えると、東京パラリンピックの影響で、街はバリアフリーになっても、メディアがバリアフリーじゃないとアンバランスだ。それで心のバリアフリーだ、って言われてもね。
街もメディアも心も、トリプルで障がい者の理解と、その先の多様で想像もつかない未来へ向けて、共に歩みを進めていきたい。


私が障害者を、平仮名の障がい者表記する理由は、前回の記事をご参照ください。
この問題、10年後には全く別の議論がされていると思う。障がい者という言葉が全く違う名称になっていたり。そして、バリアフリーという言葉が過去のものになっていたら、共生社会の実現だと思いませんか?




● 最新情報はTwitterより🕊
Instagramで映画のレビュー書いたり📸
● お仕事の依頼はお問い合わせまで📧


にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

| NEXT≫

プロフィール

Seckie

Author:Seckie
出身地:熊本
学歴:日本映画学校・映像科 (12期)
愛称:セッキー

スタジオウーニッシュ代表

《 資格 》
● 介護福祉士
● ヘルパー2級
● 初級 障がい者スポーツ指導員
● 同行援護従業者 (一般)
● 重度訪問介護従業者
● 医療的ケア認定従業者
● 福祉用具専門相談員
● 上級救命技能
● 認知症サポーター

リンク
「千里 翔べ」の健吾くん
「千里 翔べ」 スポット
「千里 翔べ」 あそどっぐコント
「千里 翔べ」 グリーンバードの活動
「千里 翔べ」 完成披露試写会
「千里 翔べ」 パイ投げ
「上にまいります」 予告
「上にまいります」 特報
「上にまいります」 スポット
「上にまいります」 優先エレベーターのシーン
「上にまいります」 主題歌MV
「上にまいります」 完成試写-前半
「上にまいります」 完成試写-後半
「上にまいります」 スピンオフ
「てるてる坊主と金魚姫」 予告
「てるてる坊主と金魚姫」 主題歌MV
「てるてる坊主と金魚姫」 完成試写-前半
「てるてる坊主と金魚姫」 完成試写-後半
オレンジリボンたすきリレー PV
「ここがすき」 南相馬より
「くまもと2016」
「くまもと2017 April」
熊本復興支援チャリティ映画会
小沢まゆの ほっとプラスシネマ
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ブログランキング
応援クリックありがとう
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

感謝
QR code
QR