FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギフトな映画、母僕(後半)

歌川たいじさん原作の映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のレビュー後半です。

IMG_2374.jpg

前半はこちらから
「ギフトな映画・母僕」(前半)


さて、となりに座られたおばあちゃんの嗚咽により(!?)劇場内が号泣の嵐になり潤ったところで、ゴスペラーズさんが歌う主題歌「Seven Seas Journey」が流れてきました♪
ゴスペラーズさんは、原作を読み、映画を見てから、この作品のために主題歌を何パターンか作られたそうです!

ただ一言だけ。

エンドロールの背景が真っ白で、名前のクレジットが黒文字だったんですけど、スクリーンから白が反射して劇場内がそこそこ明るくなったんですね。
すると、どうなるか? 泣いてる顔が周りから見えるようになるんですよ😭 これはちょっと恥ずかしい..... 私的には黒背景の方が落ち着いて好みです。希望の意味合いを込めて「白」イコール「明るく」したかったのでしょう、意図はわかるのですが映画館で感動して泣いているところに、あの明るさは💡 明るさが気になってゴスペラーズの歌が半分くらいしか入ってこないという現象が私の中で起こってしまいました。(すいません、ものすごく細かい性格なので...)


そんな中 エンドロールを見ていると、
友人の名前を発見!

日本映画学校(現・日本映画大学)の演出コース、榎戸ゼミで同じクラスだった山本さんじゃないのーーー!

よかった、生きてた!

最近は、映画のエンドロールにクレジットされた名前で安否確認することもしばしば 笑
しばらく連絡とってない友達もたくさんいるけど、こうやって映画を見ていると誰かしら同期の名前が上がってくるので、生きていた、を確認しているのです。
しかも、山本さんは恩人! 学生時代、散々ジャッキーや、香港映画好きを周りにアピールしていた私を気にかけ、卒業後に電話をくれました。

「セッキー、香港映画好きだったよね? いま東京でアンディ・ラウの映画撮ってるんだけど来ない?」

ジャッキーズ・キッチン(渋谷店)の夜勤明け、寝ていた私は、山本さんのモーニングコールに起こされ一瞬で目が覚め、即現場に行きました! 当時、やってた舞台の稽古を休んで(正確にはサボって、ごめんなさい)

アンディ・ラウ、サミー・チェン、ラム・シューたちが目の前にいる。監督はジョニー・トウ! 日本サイドの制作部として働くことになった私は、香港映画のスタッフたちと片言の広東語ですぐに打ち解け、メイキングの撮影で同行していたウォン・ジンポーと仲良くなります。

この現場で先日、台湾の金馬奨で最優秀アクション監督賞を受賞された谷垣健治さんと会います! 受賞、おめでとうございました🎉 そしてなぜか、歌舞伎町の居酒屋で打ち上げしてたら、宇宙最強ドニー・イェンがタンクトップ姿で現れ、握手したらめっちゃ握られ痛かった.....

詳しくは、こちらのブログを参照
「朋友、ウォン・ジンポー」

そんなわけで、まさか歌川さんの映画に山本さんが制作で関わっていたなんて、と嬉しくなったり😆

IMG_2537.jpg
香港電影『ダイエット・ラブ / 痩身男女 』(2001年)の撮影中、拠点になった新宿の某ホテルにて。
NK特機のティーシャツ着てる! 山下公園で巨大なクレーン使ったんだけど、手配したの私なんです。日本で初めて使うクレーンだったとか。


さて、ツイッターで、映画を見終わると、まさかスクリーンで起こったことが、私のとなりの席で再現されるなんてーーー‼️ 感動が2倍に😭 の件。

ツイッタースクショ母僕

ここまで引っ張っておいて、と言われそうですが、映画が終わって館内が明るくなり、例のとなりのおばあちゃんを見ると!

実は、さほど高齢ではなかったのです! そして、反対側のとなりに、息子と思われる方がいて、顔を真っ赤にして号泣されていました。その息子を見て心配そうにしている母。その母もずっと号泣して、息子が「大丈夫?」と母を気づかっていたのです!

母が子を、子が母を!
今見た映画の最後な感じ!

この、ほっこりな親子にやられましたーーー❣️
スクリーンで起こったことが、となりの席でも、ですよね?
劇場を出る際も、その親子のことをずっと見ていたのですが、息子が優しく「出口あっちだよ」とか、階段を降りる母の足元を心配そうに見ていたり、とか。

何か特典付きのスペシャル上映だったような気がして、心があたたかくなり、劇場を後にしたのでした。


そんな歌川さんのブログに、何度か登場させていただいたこと感謝します。
歌川さんが描いてくれた私のイラストは、家宝です。

「テレビ撮影」

「わかりやすいことは、いいことなのでしょう」



IMG_3701.jpg
NHK Eテレ「ハートネットTV」収録のとき、いただいた歌川さん手作りのお菓子✨ とっても美味しかったです✨
(なぜか初対面で、まさかの服装が丸かぶり)照


fullsizeoutput_84ab.jpeg
本もいただきました✨ ありがとうございます✨


IMG_3491.jpg
「サインください」のリクエストにも応えてくださり


IMG_2379.jpg
サイン付き✨ 感謝します✨



映画は九州地区でも拡大公開され、私の地元・イオンシネマ熊本で公開が決まりました❗️2019年1月11日〜
さらに、台湾での公開も決定‼️

『カメ止め』のリピーター割りや、ゾンビメイク割りのように、『母僕』ならではの、親子割り家族割りとかあったらいいですね。すでにあるのかな?


これからも『母僕』応援します。


歌川さま

fullsizeoutput_84d3.jpeg
プロモーションや、執筆でお忙しいと思いますが、お体に気をつけて、どうぞご自愛ください💖



こちらは、うちの猫 ココちゃんです♪

fullsizeoutput_84cb.jpeg
『母僕』見てくださいにゃ〜!



にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

ギフトな映画、母僕(前半)

歌川たいじさん原作の映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を見てきました。


予告


新宿ピカデリーで、映画を見るのは何年ぶりだろう。
最後に見たのは、ジャッキー版『ベスト・キッド』? だと思うから7年ぶりぐらいだ! あのとき劇場は満席で、久々のジャッキー映画の大入りに高揚しながら、、、いやジャッキー話は長くなるから、今回はやめておこう。

さて、母僕!

fullsizeoutput_84b5.jpeg
ムビチケも事前に買ってたし、


IMG_2540.jpg
前売り特典の、ポストカードもGet済👍


fullsizeoutput_84b8.jpeg
ピカデリーに到着したら、即パンフレットを購入して、


fullsizeoutput_84ae.jpeg
いざ、シアター④へ!


前方、左右、後方からの音のバランスをきちんと確認したかったので、座席はど真ん中です。映画・映像制作の仕上げの作業で難航するのは音編(整音)なんです。だから端っこではなくバランスのとれた真ん中がベストポジションとなります。(もちろん個人差あり)


早めに到着し、スマホを機内モードに✈︎
すると、お客さんが続々とやってきます。がっ、なぜ? 高齢者がたくさん! こんなに高齢者に囲まれて映画を見るのは初めてかも。その中に混じって、小学校低学年の子どもたちがやってきます。何? この年齢差の激しい客層! 逆にいえば、ターゲットをこれだけ幅広く視野に入れ、プロモーションできる内容の映画なのではっ!
そうなんです。私は事前に原作を読んでおりますので、〈家族〉をテーマにした不偏的な中身であり、虐待という社会問題を扱っている今の時代に必要な作品だと思い、必ずヒットすると確信しておりました。しかも、11月は児童虐待防止推進月間です。


ネタバレに気をつけながら、感想を少し.....

とにかく、ハンカチがビショビショになるくらい号泣の連続でした!!
(実際、冒頭から最後までハンカチを握りしめていた)

歌川さんの前向きな姿や、友情だったり、婆ちゃんの存在等々、感動するポイントはたくさんあるのですが。実は、私のとなりに座られたおばあちゃんが、事あるごとに嗚咽、鳴咽、鳴咽。それにつられ、前の席に座っていた子どもたちも泣くの堪えながらすすり泣いている!みたいな現象。歌川さんのブログみたいにイラストを描いてお伝えできたらと思うのですが、絵の才能は残念ながらないのでどうか想像してください。

婆ちゃんの【お菓子のカンカン】と、【僕は○○じゃない!】、そして【病院の駐車場】の場面が、劇場内の潤いピークでした😢

あと、見ていて思ったのが、不思議だったんですけど、歌川さんを演じられた太賀さんという役者。すごいですね!
途中から、もう歌川さんにしか見えなくて。
話し方のイントネーションもそっくり、というか歌川さんが降りてきたんじゃないかと錯覚するほど! あ、歌川さんはご存命です。

それは、撮影現場に歌川さんがほぼ毎日通い、現場を見守っていた!という舞台挨拶のエピソードから、なるほど! 波長が合うとかのレベルを超えて、一緒に映画を作り上げた感が成せる技! だからこんなにも不思議な錯覚におちいるんだ、と納得しました。

原作者が毎日ロケ地へ行く、なかなかできることではありません。
しかも、手作りのご飯やお菓子を持って。
尊敬します。



完成披露試写会 ①



完成披露試写会 ②



大ヒット御礼舞台挨拶


吉田羊さんの芝居は、狂気と苦悩、そして悲しみに満ちて迫力があり、見ていて痛いものがありました。お客さんの中から悲鳴に近い声も聞こえました。私も思わず声を出してしまいました。それは、虐待の場面です。これはあってはならないことです。
この現実を受け止め、いま起こっている児童虐待について私たちは人ごとにせず、少しでも周りを見て、気づいてあげられる、声をかけてあげられる、何かあったら話を聞ける、(場合によっては児童相談所等に連絡する) そういった環境を作らなければ。そうすれば、木野 花さんが演じられた婆ちゃんのような存在が増え、虐待も減っていくのではないでしょうか?


もうちょっと書きたいことがあったのですが、長くなってきましたので一旦切ります。

続きは次回、「ギフトな映画、母僕(後半)」にて!

ツイートした→ 映画を見終わると、まさかスクリーンで起こったことが、私のとなりの席で再現されるなんてーーー‼️感動が2倍に😭は、次回のレビューにて!


最後に、実は児童虐待に関するPVを、4年前に作っていました🎥

「オレンジリボンたすきリレー」

2014年10月23日公開(4分)



せっかくなので(!)この記事のみですが、歌川さんのブログの真似をしてみようと思います 笑

うちの猫、ココちゃんです♂
fullsizeoutput_84ca.jpeg



参照記事

歌川さんと共演させていただいたNHK Eテレ『ハートネットTV』 📺




にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村


カメラを止めるな!

※もちろんネタバレなし

ごゾンビのように、いやご存知のように作品の紹介は、もはやいらない社会現象を巻き起こしている映画です。

カメ止め ポスター
ポスター🧟‍♂️🧟‍♀️ Cool!!

本当は昨年の新宿で行われた先行上映で見るはずが、予定が合わず上田監督直々「来年もやるから〜!」とのことで気づいたら東京2館で始まった公開が今や全国、全世界規模へと感染中!

実は公開が始まってすぐ、偶然 上田監督と某駅のホームで再会。外出介助中に車いすユーザーの方と一緒にいると、天パに帽子の上田監督が歩いていた! 取材を終え、これから舞台挨拶へ向かうのだという。介助中だったので挨拶程度に長々と話はしなかったが、こうやって再会は突然おとずれるものだ。(ちなみに私も天パでよく帽子姿です 笑)

最初は2013年の、第3回知多半島映画祭で出会いました。そこで『恋する小説家』を見て、自主映画でこんなにポップでノリノリの作品を撮る監督がいるなんて、と驚きました。私も元々コメディ路線で、そこにジャッキーのような(とまではいかないけど)アクションをMixした自主映画を撮っていたので上田作品をすぐ好きになりましたね。

このときは、私が運良く『上にまいります』でグランプリを受賞することができました。受賞後、「これからたくさんの映画祭で会いまくりましょう!」と上田監督に言われ、握手して別れるのですが、その後私はスランプに陥り、映画祭で再会することはありませんでした。

上田慎一郎監督と
第3回知多半島映画祭にて、上田慎一郎監督と。

さて、いよいよ映画を見に行くことに。一緒に映画を作っている仲間と見ました。日曜日の午後、TOHOシネマズ新宿『カメ止め』のお客さんで埋め尽くされていた。
自主映画が恐竜を倒し、トム・クルーズよりも人気が出た歴史的な瞬間だろう。
そんな映画界の常識が壊れる、眩い光景だった。

カメ止め チケット
チケット
J列のJは、ジャッキーのJ!

映画は間がとても心地よかった。それは映画全体の刻むリズム(呼吸)が素晴らしく違和感がないということ。また音楽もたいへん心揺すぶるスコアでたっぷり盛り上げてくれる♪ 出演者の芝居もみんなメリハリが良く、熱く、エネルギーをスクリーンから感じることができるほど。だから同業としても粗を見つけられないし、そんなことを考える暇を与えてくれないノンストップ感には脱帽。
何億と製作費をかける映画よりも、300万円で作ったアナログ満載、熱量満タン、ゾンビバンザーイ🧟‍♂️🧟‍♀️がポンポン!なのである。

入り口のチラシ
シアター入口のこれ! みんな順番に撮影してた📸

知り合いが熊本のTOHOシネマズで鑑賞したとき、舞台挨拶もないのに上映後に拍手が起こったという。その人いわく『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年の夏公開) 以来34年ぶりの拍手らしい👏 そんなミラクルが故郷でも起こっている。映画の起こす奇蹟を再認識する。

魔宮の伝説
コレクションしているパンフレットです。(映画おたくです)

上田監督と同じで、私も映画って《夢》だと思う。今は障がい者の方々と、心のバリアフリーを根幹にラブストーリーや、ファンタジー映画を作って福祉関係のイベントや、国土交通省主催の研修等で主に上映会をしているけど、私の映画はだからといって社会派ではなく、基本娯楽なのでとにかく楽しんでほしい。

そして、やっぱり1番は、スタジオウーニッシュの映画を見て、俳優やタレントを目指す障がい者が出てきたら嬉しい。まさに《夢》である。そして《夢》は叶えるためにあるのだ。だから、私も映画を撮り続ける。
時代が映画を作らせた。バリアフリーの問題や、障がい者のこと。伝えなければならない。知ってほしい。だから私はこの時代と闘う! その手段が映画なんだ。
創作を止めるな!

「千里翔べ」の現場
難題なテーマに挑んだファンタジー短編映画『千里 翔べ』(2015年)撮影風景

いろんなことを考えさせられた『カメ止め』である。映画やテレビ関係の業界の人はとくに。それにしても、これだけのことをやり遂げた上田監督は本当に影では大変だったと思う。近年、奥様のアニメーション映画『こんぷれっくす×コンプレックス』のプロデュースや編集、カンヌ出品VR映画『ブルーサーマルVR -はじまりの空-』の監督・脚本、戦隊ものの短編『正装戦士スーツレンジャー』の監督・脚本、と『カメ止め』
立て続けに新作ラッシュで同時進行も他に多々あっただろうけど見事に全て結果を出している。これは1985年のジャッキーイヤーに匹敵する働きっぷりなのです! この年、ジャッキーは『大福星』『七福星』『ファースト・ミッション』『プロテクター』『ポリス・ストーリー/香港国際警察』の5本を作っている。まさに超人!
ちなみに上田監督は、奇遇にもジャッキーと同じ誕生日🎂 4月7日🎉

限定ポリBD
ポリ1BD
1985年といえば中でも『ポリス・ストーリー/香港国際警察』が世界的にも有名だろう。その直接的な新作ではないが、邦題が無理矢理?ポリスト扱いになってしまったジャッキー最新作!

ポリリボ
まさかの『ポリス・ストーリー REBORN』 リボーンだよ!リボーン! チラシとムビチケと特典のクリアファイルGet👍


〜余談〜
久々にジャッキー映画以外でパンフレットを買った。学生の頃は、映画観賞後に必ずパンフレットを記念に買っていた。映画館がシネコンになってパンフレットを買わなくなった。弁当を持って一日中、映画館で過ごしていたので、入れ替えや座席指定のあるシネコンを映画【館】として受け入れられず映画離れしていた時期もあった。ムビチケ?は最初何のことかわからず、紙の前売り券の方がやっぱり好きだ。

カメ止め パンフ
パンフレット
シナリオまで読めちゃうのは貴重だよ!

前売り券
未だに1997年以降に見た映画の前売り券を保管しています。

『カメ止め』からジャッキーネタになってしまったけど、それだけ『カメ止め』は、
理屈抜きで楽しめる抜群のエンターテイメントで、1980年代半ばの香港電影のような熱気を感じる大傑作、というのが私の1番の感想なのかもしれない🎬

監督ツイッター
Tweet
誰よりもいち早くリアクションしてくれた上田監督!

ほんと、いろんな意味で感謝です。また映画祭などでお会いできたら幸いです。それまでお互い身体を大事に健康に気をつけ、
カメラを回し続けましょう!



速報!
ほっとプラスシネマ
上田監督も出演された、ラジオ「小沢まゆの ほっとプラスシネマ」の収録をしました。
夏休み特別企画 みんなでバリアフリーについて考えよう!
8月19日(日) pm18:30 かつしかFMで放送予定です📻
※放送日変更になりました → 8月26日(日)
放送後は、時間内に収まらなかった特別追加バージョンが、バックナンバーとしてこちらより配信されます。


暑い日が続きます。熱中症に注意して、こまめに水分補給をし、夏を乗り切りましょう!
いつも応援ありがとうございます。感謝します✨


にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2016年 37歳

約5ヶ月ぶりの更新となります。
今まで新作短編映画『千里 翔べ』の撮影・編集を行っておりました。

前回の記事で、製作費の支援をクラウドファンディングにて募らせていただきました。
「脳性まひの少年の映画俳優になる夢を叶えたい」

みなさまのご協力のおかげで、目標金額を大きく上回り達成することができました。本当にありがとうございます。感謝しております。
引き続き、製作費の寄付をさせていただいております。まだ40万円ほど足りません。何卒よろしくお願い申し上げます。
→ 寄付先 サポーター募集



2015年 下半期の出来事
〜Photoダイジェスト〜



(1) 子どもたちと撮影した3ヶ月
(1) たくさんの子どもたちに囲まれて撮影した、夢のような3ヶ月間。


(2) 千葉美紅さんに演出中
(2) 女優、千葉美紅さんに演出中
巫女の役作りで1年半も髪を切らなかった。千葉さんとはまた一緒に創作したいと思っていて、クランクアップ後に映画のスポンサー antena.さんのCMに出演していただきました。



antena. CM



(3) みんな仲良し
(3) 千葉さんのクランクアップ時


(4) 子役たちクランクアップ
(4) 子役たちもクランクアップ
撮影期間が1ヶ月も延びてしまい、申し訳ございませんでした。


(5) 編集中 削除シーン
(5) 未公開スチール
悩んだ末、半日かけて撮影したシーンを全削除しました。友達を思う奏貴くんのこの表情は、2018年発売予定のBlu-ray特典映像にて!


(6) 撮影中、仁美ちゃんの個展へ
(6) 撮影中、仁美ちゃんの初個展へ行きました。
115cm、ちびたのミニマムライフ


(7) 仁美ちゃんが書いてくれた堀河
(7) 仁美ちゃんが書いてくれた堀河です。
部屋に飾ってあります^o^


(8) メインの撮影が終わり熊本へ帰省
(8) メインの撮影が終わり、熊本へ帰省。友達の牧場へ馬乗りに♪
ウエスト ロード ランチ


(9) 幼稚園にも行きました
(9) 幼稚園にも行きました(創立80周年!!)


(10) 東京へ戻り東京大学で講演
(10) 東京へ戻り、東京大学にて講演(右端)
第1回 本郷映画祭ゲスト 特別賞受賞!


(11) 撮影が終わっても仲良し 美采ちゃんの舞台を観に行きました。
(11) 撮影が終わってもみんな仲良し^o^
美采ちゃんの舞台を観に行きました。


(12) テンボさんのファッションショーにて
(12) クラウドファンディングで相互支援を行った、テンボさんのファッションショーにて


(13) グリーンバード新宿の撮影
(13) グリーンバード新宿の撮影


(14) 実写映画ですがプレスコのある特殊な新作
(14) 実写映画ですが、プレスコのある特殊な映画なのです。


(15) お茶の水にて「上にまいります」のバリアフリー上映会
(15) お茶の水にて前作『上にまいります』のバリアフリー上映会と講演

【速報】2016年春、ついにバリアフリーDVD発売予定!!

再生リスト(1時間44分、関連動画見れます)



(16) 映画のポスターができました
(16) 映画のポスターができました!


(17) 乙武さんと撮影
(17) 乙武さんとゴミ拾い。
この日、ぶじ『千里 翔べ』の撮影はオールアップいたしました。
(企画から約2年半後)


(18) ラジオに生出演しました
(18) ラジオに生出演
バリアフリーについて話しました。


(19) 完成披露試写会の舞台挨拶
(19) 完成披露試写会の舞台挨拶
(現在、編集中です Coming Soon...)


(20) 集合写真
(20) 関係者一同で集合写真


(21) 打ち上げにて
(21) 打ち上げにて


(22) 試写後、お墓まいり
(22) 試写会の翌日、上京したと東京見物的お墓まいり。
母は作家兼、手話通訳士です。(息子は映画監督兼、介護福祉士)
東京の観光といっても、スカイツリーとかに行くのではなく、作家のお墓に行きたがる母。今回は樋口一葉さんのお墓へ。前回の上京では芥川龍之介さんの家とお墓に行ったり、とってもユニークです。


(23) 母と東京観光
(23) 母とお墓まいりに行く最中
前から岡本太郎さんの作品を生で見たかったらしく(奥様知ってるって!)
渋谷駅で乗り換える際に偶然「明日の神話」がお目見えし大興奮。


(24) GB新宿の忘年会にて
(24) グリーンバード新宿の忘年会にて
スペシャル映像の上映会を行わせていただきました。



メイキング(9)GB新宿



(25) 37歳の誕生日
(25) クリスマスに、37歳の誕生日を迎えました。


(26) 健吾くんからプレゼント
(26) 主役の健吾くんから、素敵なプレゼント☆
宝物です、ありがとう!
お芋、美味しかったです。
野田家より手作りチョコレート、ウィキー家より「スターウォーズ」のTシャツ、ありがとうございます!
人生初の、顔面パイ投げサプライズも嬉しかったです。


(27) 電気代
(27) クリスマス、ポストに入っていた電気代の請求書。
まさかの、¥7,777-
37歳の誕生日に、7がこんなにもたくさん!
きっとラッキーな年になると思います。



新作『千里 翔べ』は、2016年より国内外の各映画祭へ順次応募をしていきます。
海外の映画祭へ応募するにあたって、英語翻訳できる方を探しております。
本編の全台詞、プレスなど。

もしどなたかいらっしゃいましたら、ぜひお願いしたいです。
→ お問い合わせ 以下より
・本ブログのメールフォーム
スタジオウーニッシュのホームページ
Facebook


再生リスト(1時間5分、関連動画見れます)



今年も、よろしくお願い申し上げます。

2016年、翔びます!



堀河、およびウーニッシュの最新情報はTwitterにて!!
@yohei_horikawa



スタジオウーニッシュ Studio Wooonish
Facebookページ
ホームページ



ポチっと応援クリックしていただけると、うれしいです
↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



ご支援に感謝

7月7日 七夕より、クラウドファンディングにてみなさまからのご支援を募らせていただいております。
脳性まひの少年の、映画俳優になるという夢を叶えたい!

主役の健吾くん


新作短編映画『千里 翔べ』で、初めてクラウドファンディングを使用させていただきました。
〜 主役、健吾くんの紹介動画 〜





目標金額123万円に近づき、現在レディーフォーのサイト内、ベスト8に登場!
(Facebookの “いいね” は、1480を超えました!!)
レディーフォー ベスト8


プレスリリースでは、みんなの応援ランキング第1位になりました。
応援ランキング 第1位


バリアフリー情報サイト、ワッホーさんに掲載させていただきました。
ワッホーに掲載


映画のスタッフが、有志で作ってくれたチラシです!

クラファンのチラシ (モノクロ)
片面モノクロ


クラファンのチラシ (表カラー)
両面カラー(表)


クラファンのチラシ (裏カラー)
両面カラー(裏)


口座でのご寄付用チラシ
片面カラー(口座からの寄付用チラシ)


みなさまからのご支援、ご支持に感謝しております。
本当にありがとうございます。

引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。

※ 9月6日(日) pm23:00 締め切りとなります。


主役と監督
2014年3月1日、健吾くんと初めて会った時の写真。

監督
製作・監督・脚本・撮影・編集・出演 / 堀河 洋平(介護福祉士)


千里翔べ スチール
今秋のクランクアップに向けて、がんばります!


● これまでの制作過程はこちらより見れます。
Facebookのフォトアルバム


● メイキングなどの動画集(約50分)
YouTubeの再生リスト


スタジオウーニッシュ Studio Wooonish
Facebookページ
ホームページ



ポチっと応援クリックしていただけると、うれしいです
↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


| NEXT≫

プロフィール

Seckie

Author:Seckie
出身地:熊本
学歴:日本映画学校・映像科 (12期)
愛称:セッキー

スタジオウーニッシュ代表

《 資格 》
● 介護福祉士
● ヘルパー2級
● 初級 障がい者スポーツ指導員
● 同行援護従業者 (一般)
● 重度訪問介護従業者
● 医療的ケア認定従業者
● 福祉用具専門相談員
● 上級救命技能
● 認知症サポーター

リンク
「千里 翔べ」の健吾くん
「千里 翔べ」 スポット
「千里 翔べ」 あそどっぐコント
「千里 翔べ」 グリーンバードの活動
「千里 翔べ」 完成披露試写会
「千里 翔べ」 パイ投げ
「上にまいります」 予告
「上にまいります」 特報
「上にまいります」 スポット
「上にまいります」 優先エレベーターのシーン
「上にまいります」 主題歌MV
「上にまいります」 完成試写-前半
「上にまいります」 完成試写-後半
「上にまいります」 スピンオフ
「てるてる坊主と金魚姫」 予告
「てるてる坊主と金魚姫」 主題歌MV
「てるてる坊主と金魚姫」 完成試写-前半
「てるてる坊主と金魚姫」 完成試写-後半
オレンジリボンたすきリレー PV
「ここがすき」 南相馬より
「くまもと2016」
「くまもと2017 April」
熊本復興支援チャリティ映画会
感謝
Twitter
フェイスブック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気ブログランキング
応援クリックありがとう
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。