スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京パラリンピック?

外出介助にて

JR新宿駅西口、車いすが通れる改札口は端にひとつだけ。外へ出ようと車いすを押して向かうが、どんどんその改札から人が入ってくる。
その人たちが通れる改札口は、他にもたくさんあるのに。

改札の前で待つこと3分。
何十人の人たちが私たちに気づかず通り過ぎただろう。いや、気づいても無視されたり、中には気づいて “ごめん” の仕草をされる方もいました。
しかし、ゆずろうとか、他の改札を通ろうとかはしない。

人の波が切れてやっと改札から出れたら、50代ぐらいの男性が車いすユーザーの方を見て、すれ違う際こう言った。
「おっかねー」
障がい者は、おっかないですか?

こないだは電車で移動中に、女子高生たちからこう言われた。
「車いす超邪魔~」

何でしょう、この感じ...

公共の乗り物で、みんなと一緒に移動しているだけでこのようなことをときどき言われます。
世知辛いすぎる...

パラリンピック、本当に東京でやるんですか?

日本人同士でさえ相手を思いやれない。
お・も・て・な・し、はどこへ?

海外から来る障がい者のアスリートたちにも同じように対応するんでしょうか?

ウーマンラッシュアワーの漫才ではありませんが、被災地にお金を使った方が、やっぱりいいのではないかと思うこの頃です。

元々私は東京オリンピック&パラリンピックには反対で、被災地のことを優先と考えておりました。

当時のコピーが「この国には夢を見る力が必要だ」の垂れ幕が多くのスポーツセンターにあって、それを見る度に何か違うんじゃないかと違和感がありました。

それよりも、障がい者を取りまく環境・現実を知って改善するところから始めないと。

その後、熊本地震で避難できない障がい者が取り残され孤立。東日本大震災の教訓はいかされず、支援に来られた福島の福祉関係者も怒っていました。

そして相模原で殺傷事件も起こり、障害者差別解消法が施行されても知らない人がほとんどです。行政でさえその法律をどう扱っていいかわかってないんですから。

パラリンピックを東京でやるなら、まず土台を築かないと!

悲しくも女子高生が車いすを見て邪魔だとか、おじさんが障がい者を見ておっかないなどと言っている今
さぁ、何から始めましょう?




写真は新宿駅ではなく田端駅の改札です。
幅が違いますので、車いすユーザーは広い方しか通れないのです。
このことにお気づきになられたら、車いすユーザーやベビーカーの方々以外は、なるべく広い方は通らないよう、ご配慮いただけますと幸いです。


◎堀河洋平のInstagramは → こちら

◎映画の上映や、講演依頼等、すべてのお問い合わせは → こちら


にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

Seckie

Author:Seckie
出身地:熊本
学歴:日本映画学校・映像科 (12期)
愛称:セッキー

スタジオウーニッシュ代表

《 資格 》
◎ 介護福祉士
◎ ヘルパー2級
◎ 初級 障がい者スポーツ指導員
◎ 同行援護従業者 (一般)
◎ 重度訪問介護従業者
◎ 医療的ケア認定従業者
◎ 福祉用具専門相談員
◎ 上級救命技能
◎ 認知症サポーター

リンク
『千里 翔べ』の健吾くん
『上にまいります』予告篇
『上にまいります』特報
『上にまいります』スポット
『上にまいります』主題歌MV
『上にまいります』メイキング①
『上にまいります』メイキング②
『上にまいります』メイキング③
『上にまいります』完成試写 - 前半
『上にまいります』完成試写 - 後半
『上にまいります』打ち上げ
『上にまいります』ミニライブ
『上にまいります』絵コンテ
『上にまいります』未公開映像
『てるてる坊主と金魚姫』主題歌MV
『てるてる坊主と金魚姫』予告篇
人気ブログランキング
応援クリックありがとう
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

感謝
Twitter
フェイスブック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。